【費用公開】車検時にブレーキフルードの交換は必要か

先日、クルマの車検時期でしたので

『車検費用はいくらかな?』
気になったので見積書をもらいにカーディーラーに行ってきました。

今回で2回目の車検(5年目)になります。

見積もりの内容の中には『ブレーキフルード』の交換が入っていました。

車検に出すとほとんどの場合、ブレーキフルードの交換をすすめられるか
はじめから見積書に組み込まれていることが多いと思います。

そこで

『ブレーキフルード』の交換は必要なの?
交換しないと車検は通らないの?

という疑問がでてくるかと思います。

結論から言うと、

車検としては「ブレーキフルードの交換をしなければならない」ということはありません。

ですので、ブレーキフルードの交換を車屋にすすめられたとしても断ることはできます。

車のプロ

ただし車検時に交換する事をお勧めいたします。

ではなぜブレーキフルードの交換が必要なのか?
交換しないと車はどうなるのか?

これを読んでくださる方はおそらくご自身で作業するわけではないと思います。

ですので専門的な構造や内容を理解する必要はありません。
簡単に分かりやすくお届けします。

僕はこんな人

僕は昔からクルマが好きで就職先もカーディーラーを選びました。その後新車販売と整備を7年以上経験し

スランプも何度かありましたが持ち前の行動力で新車売上トップも経験できました。

それからはもっといろんな人にクルマの情報を届けたいとブログを始めました。お客様のアフターサービスを行って

対面で学んだ事や実際に直接質問があったことなどをピックアップして分かりやすくお客様の目線で情報を発信できればと考えています。

当ブログではクルマ関連の企業とは一切繋がりはありません。よってあくまでも公平に情報を発信していきます。

目次

ブレーキフルードの交換が必要なワケ

ブレーキフルードはブレーキ部分の動作を円滑にするためのオイルです。

これがないとブレーキをすると摩擦が大きくなり、熱を持ちます。そうするとブレーキの性能が落ちます。

ブレーキフルードは低温時でも凍結しないように、また高温時でも沸騰しないように作られています。
ブレーキによる摩擦熱を受けても簡単に沸騰しないようになっています。

摩擦で沸騰してしまうとブレーキオイルの中に気泡ができてしまい、ブレーキの性能が悪くなります。
長くブレーキフルードを使用し続けるとブレーキの性能が著しく悪くなるため定期的に交換が必要と言われています。

ブレーキフルードの交換時期

一般的にブレーキフルードの交換時期は『3年』と言われています。

先ほど、車検時に交換が必要と言いましたが車検は2年ごとにあります。

車検のたびに交換する必要があるとは言えませんがブレーキという安全上非常に重要な部品であることを考慮すると、
走行距離や年数に関わらず車検(2年)ごとに交換するのが理想と言えます

見た目や体感で分かれば良いのですが交換目安の判断は非常に難しいものなのです。

車を使っていないから車検代金をどうしても安くしたい人
車検毎に交換絶対にしたくない人

必ずしも車検時に交換しないといけないわけではありませんので劣化してからの交換でも問題はありません。

交換の目安としては
ブレーキフルードの色が『変色すると交換時期』と覚えておきましょう。

ブレーキフルードは透明色なのですが、変色しているのを気付ければそろそろ交換の時期となります。

ブレーキフルードの交換は自分でできる?

ブレーキフルードの交換は自分で作業する人も中にはいますが、

かなり大変(タイヤ外したりキャリパー触ったり)な作業になりますので
安全上、整備士かカーディーラーに任せたほうが良いでしょう。

ブレーキフルード交換だけで車屋に頼むと車検時よりも工賃が高くなる可能性があります。

車検時は分解整備になりますので作業上のついでにブレーキフルードの交換が可能なので工賃も割安に設定している
お店が多いのが現状です。

結果的に通常時の工賃が高いのであれば2年おきの車検毎に交換したほうがお得になるケースもあります。

交換費用は?

カーディーラーや整備工場などお店にもよりますが大体の相場は5,000円から10,000円の間が相場となっています。

ちなみに僕がカーディーラーで車検時に交換してもらったブレーキフルード交換費用はこちらでした。

ブレーキフルード交換工賃  1,870円

ブレーキフルード部品代   1,848円

ブレーキパーツクリーナー  1,430円(カーディーラーではパーツクリーナーは必要との事でした。)

     総額       5,148円

まとめ

ブレーキフルードの交換は必要です。
車検が2年おきにあるのでお得に交換するタイミングとしては車検時がおすすめです。
車検時にブレーキフルードを絶対に交換しないといけないというものではありませんが
作業は大変なので修理工場かお近くのカーディーラーで作業をしてもらいましょう。
今回はブレーキフルードの交換時期と車検内容に入っているワケをお届けしました。
ブレーキは車の中でも非常に重要な部品です。走行の安全上出来る限り
車検の時に交換されているほうが安全で安心であると言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

お問い合わせ

目次
閉じる