【実証済】頭金の相場は?新車購入で頭金を入れずに買うのはよくあるワケ

頭金がゼロでは車は買えないんでしょう?

なんて考えている人がいれば自動車販売のプロである僕はこう言います。

せんち

全然よくある事ですよ。頭金ゼロで車を買っている人はたくさんいますので安心してください。

こちらの記事では新車を頭金を入れずに買うことは普通によくあるということ、

頭金の相場から頭金を入れない事によるメリット・デメリットまでお届けしますので

よければ新車購入の参考にしてみてください。

車のローンは信販会社が回収可能と判断できれば頭金なしでも新車購入は可能です。

マイカーローンは最長10年ですので最大で120回の分割払いができます。

車は大きな買い物にはなりますが生活の必需品でもあり車が必要な人は多いと思います。

今乗っている車が故障して急に車が必要になった

一括で買えるお金はあるけど全部車に使いたくない

就職してすぐに車が必要になったけどお金がないから困っている

お金がなくても車が必要で悩んでいる人

頭金は「必ず払わなければならない」と義務づけられているものではありません。

借入を行う金融機関によって金利手数料はかわってきますが

大抵の所は頭金なしでも分割払い(マイカーローン)の選択が可能です。

しかし、頭金を入れることによって借入後の支払い残債が少なくなります。

その残債額で、月々の支払いが確定しますので、

月々の支払を減らす為にできることなら初めに少しでも頭金入れておきたいというのが本音です。

しかしこのブログを書いている僕は頭金なしで新車をフルローンで買ったことがあります。

本当に頭金なしで買えるのかな?

そもそも審査に通るのかな?

なんて不安になったこともありました。

僕は新車販売の営業マンとして7年働いた経歴があります。

今回はプロとして頭金なしでお客様に販売をした経験と

実際に頭金なしでフルローンで新車を購入した僕自身の経験をお届けします。

せんち

僕も実際に頭金なしで新車を購入しましたが当時から頭金なしで新車を買う人はたくさんいましたよ。

目次

頭金の相場は車両本体価格の2割 

月々の支払を少しでも抑えたい人は頭金を入れた方が良いです。

では、新車購入時の頭金はいくら用意すれば良いのでしょうか?

一般的に、頭金は車両本体価格の2〜3割が相場となっています。

200万円の新車なら40〜60万円といったところですね。

ちなみに、車両価格が100万円・150万円・200万円・300万円の場合の頭金目安は以下の通りです。

車両価格100万円の場合 20~30万円が相場

車両価格150万円の場合 30~45万円が相場

車両価格200万円の場合 40~60万円が相場

車両価格300万円の場合 60~90万円が相場

今乗っている車を売却・下取りにしたお金でカバーできるケースもありますが、

乗り換えではなく新たに購入する場合は現金を工面しなければなりません。

ただし冒頭で頭金はなくても大丈夫とお伝えしたように、頭金は全くいれなくても大丈夫です。

しかし借入を行う金融機関によっては数万円ほど頭金が必要な場合があります。

そこは借入する金融機関、またはショップにご相談ください。

僕の場合はK銀行では頭金0円でマイカーローンを組むことができ新車購入ができましたが

カーディーラーでローンを組む場合は自賠責保険料(3~4万円ぐらい)くらいは現金で必要となる場合があります。

頭金を入れない事によるメリット

まとまったお金が不要

頭金を入れないことによる最大のメリットはまとまったお金(現金)が必要ないということです。

新車は安くても100万円以上はします。

乗用車ではコンパクトカーでも最近では200万~300万はしています。

せっかく貯めた貯金を車を買うことによって全て使ってしまうというのはかなり負担が大きいかと思います。

結婚する予定だから結婚式や新婚旅行の費用にあてたい

新居に引っ越しをする費用にしたい

大学の奨学金返済にあてたい

人生において大きなお金を使うタイミングは何回もやってきます。

その時の為に貯金はなるべく使わずに置いておきたいものですよね。

すぐに車を買うことが出来る

頭金に充てられる貯えが十分にない場合、頭金の予定額が貯まるまで車の購入が先延ばしになってしまいます。

頭金を入れないメリットとしては頭金に充てられるお金が無くてもすぐに車を買うことができます。

頭金を入れない事によるデメリット

  • 借入額が多く総支払総額が高くなる

頭金を入れない事によるデメリットとしては支払総額が高くなるという事でしょう。

本体価格から頭金を差し引いた額がカーローンの借入額となります。

つまり頭金を入れないという事は全額借入をするという事です。

マイカーローンの分割手数料というのは借入額に対してかかってきます。当然、借入額が多いと

支払総額が高くなるというわけです。

実際に頭金を入れた人と入れなかった人とで支払総額にどれだけ差が出るのか試算をしてみました。

普通乗用車 トヨタ プリウスの場合

条件【7年支払・適用金利2.45%(参考金利MUFGネットDEマイカーローン)・ボーナス払い無しの場合】

250万円の車を買う場合に50万円の頭金を用意した場合

200万円を分割払いとします

月々25,933円

総支払額:2,178,372円

分割手数料:178,372円

同条件【7年支払・適用金利2.45%(参考金利MUFGネットDEマイカーローン)・ボーナス払い無しの場合】

250万円の車を買う場合に頭金ゼロの場合

250万円の分割払いとします

月々32,417円

総支払額:2,723,028円

分割手数料:223,028円

比べてみると50万円の頭金を入れるか入れないかで支払総額で44,656円も差がでていることがわかりますね

お金に余裕がある場合は頭金を入れて購入を検討されたほうが良いと言えます。

こういった分割手数料はカーローンを組まなければ支払う必要のないお金ですから、

少しでも支払総額は少ないほうがうれしいものですよね。

しかしあまりたくさん頭金を支払ってしまうと、

その後の生活にも影響が出かねないので、相場でもある車両価格の20~30%程度に抑えるのがおすすめです。

なお、本体価格は同じでも、金利や借入年数によって利息がもっとお得になるケースもあります。

どのくらい頭金を用意すればいいか悩んだときは、購入したい車の価格と毎月の返済希望額を基に

インターネットなどで無料シミュレーションがありますのでローンシミュレーションをすることで、

どれくらいの頭金を用意すれば良いのかがわかりますよ。

ローンの途中で全額返済可能?

車購入時はお金がなくて仕方なく分割にした人でも安心してください。

マイカーローンの途中でも残りの残債を全て払う事はできます

お金が溜まり次第早期完済をすることで分割手数料が返ってくることがあります。

急遽、就職などで車が必要になった際などはマイカーローンで頭金なしでも

車を購入しておいてお金を貯金して早期完済を目指すというのも方法です。

ローンの審査は簡単?審査の手順から専業主婦も審査にとおった事例をご紹介

ローンの審査は簡単です。

カーディーラーの場合はその場で審査が可能です。

カーディーラーの場合は商談中に審査用紙に記入をして自動車販売店の営業マンが提携先のファイナンス会社に

審査を依頼します。早い人で数分で審査結果が出ます。ほとんどAIによる自動審査ですね。

基本的にカーディーラーなどのマイカーローンは金利が少し高めになっており

割高ではありますがその分、審査基準が甘く審査に通りやすい傾向にあります。

他に多額の借入や過去に不払いなどがあるいわゆるブラック顧客になっていれば

審査は通りませんが心当たりがなければまず審査は通ると考えておいて大丈夫ですよ。

ディーラーで勤務していた僕の経験では、収入が無い専業主婦の方でも審査は通ったことがあります。

ある一定の条件はありましたが他にも就職前の内定状態の人も審査に通っていました。

なんでそんなに審査が通りやすいの?

せんち

そうですよね。僕も当初は疑問でした。

実はカーディーラーでマイカーローン購入をすると自分で購入した車でも

支払いが終わるまでは自動車の所有権はカーディーラにあります。

つまり名義上では購入した車でもその車を所有しているのは販売元のカーディーラだという事です。

販売後も所有権はカーディーラーが持つことによって審査が通りやすくなっているのですね。

これは万が一不払いになった際でもカーディーラの名義でありカーディーラの判断で車の没収が可能であると

いうことです。

なるほど~担保みたいなものか

だからと言ってその車を購入者が使用できないかというと、そういうワケではなく

あくまでも勝手に譲渡や売却ができないという縛りみたいなものですね。

もちろんレンタルやリースとは違いますので使用者である購入者が税金や任意保険支払が必要です。

一方、銀行のマイカーローンだと所有権はつきませんが手続きに時間と手間がかかります。

審査基準もカーディーラのマイカーローンより厳しくなる傾向があります。

実際に僕も銀行のマイカーローンに申し込みを行って約2年前に車を購入しています。

手続きから借入完了まで3回は銀行に足を運び仮審査から本審査を行いました。

せんち

実際に僕は本審査完了まで2週間以上はかかったんだ。

ただし銀行で金利優遇のキャンペーンが行われていたので安くマイカーローンで借入することができました。

少しでも総支払額を安くしたい方は銀行のマイカーローンでの借り入れもおすすめします。

諦めずマイカーローンの審査は積極的にして念願のマイカーを購入しましょう。

新車購入時の頭金を支払うタイミング

納車日より前に支払う

 基本的に販売店もトラブルを回避したいので納車日より前に全額支払うのが一般的です。

 ここの判断は販売店にもよるところですが、僕の働いていたお店では車両登録前には全額頂いていました。

 入金確認後にナンバープレート、車検証の発行をしていましたよ。

 販売店でマイカーローンを組んだ人はそのまま頭金だけを登録前に振り込みましょう

 銀行でマイカーローンを組んだ人は銀行から直接販売店に振込をしてもらうように申請をしましょう

 もし何かしらの理由で支払より先に納車して欲しい場合は商談時に交渉しておきましょう

まとめ

ここでは新車購入の際に頭金を入れなくても問題ない理由をご紹介しました。

頭金は車両本体価格の2割~3割が相場です。

今回ご紹介した頭金を入れない事によるメリットとデメリットを理解して頂支払は無理せず素晴らしいカーライフを手に入れてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

お問い合わせ

目次
閉じる