【簡単比較】スタッドレスは必要ないおすすめタイヤチェーンの買い方を手順

こんにちは管理人のせんちです

今回はタイヤチェーンがあれば高価なスタッドレスタイヤは必要ない。

タイヤチェーンがあれば十分。タイヤチェーンの選び方についてお届けします。

僕の地域は兵庫県の片田舎です。毎年雪が多い地域ではありませんが、

年に数回は辺り一面に雪が積もります。冬になると周りではスタッドレスタイヤを履く人も多いのですが

年に数回しかスタッドレスタイヤは活躍しないのに本当に高価なスタッドレスタイヤは必要でしょうか?

スタッドレスタイヤは必ず必要ではありません。雪の少ない地域ではタイヤチェーンだけで十分です。

タイヤチェーンの方がスタッドレスタイヤよりも安くて長持ちするということはご存知でしたか?

また、一言にタイヤチェーンと言っても様々な種類がありどれを選べば良いのかわからない方も

多いのではないでしょうか?

タイヤ購入検討中

スタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤが欲しいけど高いなぁ

タイヤ購入検討中

タイヤの置き場所が自宅にないのよね

チェーンに興味ある人

雪が積もらないからスタッドレスタイヤを買うほどでもなぁ
でもいざという時にチェーンは持っていたいよね

チェーンに興味ある人

タイヤチェーンのメリットとデメリットを知りたいわ

この記事を読み終えるころにはアナタにあったタイヤチェーンがきっと見つかっているはずです。

タイヤチェーンと言っても様々な種類があります。

その中でメリットとデメリットもありますので分かりやすくまとめてみましたので今回はその内容をお届けします。

もちろん雪国地域の方や予算がある方や保管場所に困っていない人はスタッドレスタイヤもお勧めです。

僕はこんな人

僕は車関連の職種に7年間勤務していました。車販売を通してタイヤチェーンやスタッドレスタイヤも

数多く販売してきました。また、スノーボードが趣味でタイヤチェーンを使用して年に5~10回ほど

岐阜や長野まで遠征をしますがいつもタイヤチェーンのおかげで無事故で帰ってきます。

タイヤチェーンを販売していた経験と実際に使用した実体験をもとにタイヤショップでは教えてくれないようなことや聞きにくいことまで全て解説していきます。

安心ポイント

この記事は車関連企業およびパーツ企業との繋がりは一切ありません。

個人ブログですのでありのままの感想とユーザー目線にたった正確な情報をお届けします。

目次

タイヤチェーンの種類と比較表

タイヤチェーンには大きく分けると4種類のチェーンが販売されています。

金属チェーン

非金属チェーン

布製チェーン

スプレータイプのチェーン

それぞれに違いがありますのでまずは比較表を作成しました。

チェーン
比較表
金属
チェーン
非金属
チェーン
布製
チェーン
スプレー
タイプ
スタッドレスタイヤ
価格×
コスパ悪い
耐久性/寿命××
平均寿命3年
利便性装着に時間がかかる装着簡単装着簡単簡単そのまま走行可
氷上性能
新雪性能
雪がない道
走行可能速度50km/h70km/h50km/h70km/h100km/h
走行音/乗心地
チェーン規制×

まずはこちら比較表をもとにご自身の使用環境にあったものを選んでください。

それでは選んで頂いたチェーンのメリットとデメリットを解説していきます。

タイヤチェーンのそれぞれの特徴とメリット、デメリットをまとめました。

金属チェーン

評価 :3/5。

金属チェーンとは鉄などの金属で作られているチェーンです。

昔からあるタイプのチェーンでタイヤチェーンと聞くと金属チェーンをイメージする方も多いのではないでしょうか?

非常に安価で、収納時も保管場所も取らないので非常に便利なのがチェーンの良いところです。

しかしチェーンを装着した状態で乾いたアスファルト(雪が無い道)を走行すると切れやすく、装着にも時間がかかります。

また、金属なので装着を誤ると車体やホイールに干渉し大事なクルマに傷をつけてしまうことがあります。

<メリット>

グリップ力が強い

コンパクトに収納できる

価格が安い

坂道での登坂能力に優れている

雪道、凍結路ともに強くて横滑りしにくい

<デメリット>

装着したまま雪の無い道を走ると切れる

車体やホイールに干渉してクルマに傷をつけてしまう可能性がある

走行時の騒音と振動が大きく、乗り心地が最悪重たい。装着に時間がかかる

チェーンとしての滑らない性能は非常に優秀ですが、装着の大変さとクルマが傷つく可能性があるため★評価3点です。

非金属チェーン

評価 :5/5。

今回の総合評価で1位になったのは非金属チェーンです。

非金属チェーンとは違いゴムやウレタン樹脂などでできているチェーンです。

最近よく見かけるようになった主流になりつつあるタイヤチェーンです。

スタッドレスタイヤよりは価格も安くある程度スピードを出しても問題ありません

また乗り心地も金属チェーンと比較すると静かで最新の技術に驚かされます。

装着も非常に簡単になっており女性の方でも簡単に装着することができます。

そこまでスペックを求めない人は非金属チェーンで十分です。お勧めです。

<メリット>

雪道、雪が少ない道でも高性能のスペックを発揮

スタッドレスタイヤよりは価格が安い

走行時の音や振動が金属タイプよりは少ない

金属タイプよりも装着が簡単(1人で装着可能、慣れれば20分程で可能)

<デメリット>

金属と比較するとある程度形状が保たれるために保管に場所をとる

金属チェーンよりは価格が高い(スタッドレスタイヤよりは安い)

大雪になる地域での活躍貢献度、また年に数回しか降らない地域でもいざという時に非金属チェーンさえあれば安心できます。たまに行くスキーやスノボーでも大活躍ですね。

デメリットに感じる所が少ないので今回は★5評価としました。

布製チェーン

評価 :3/5。

最近話題になっているのはポリエステルなどの特殊な合成繊維で出来ている布製のチェーンです。

タイヤに被せるだけで脱着が非常に簡単なところが良いです。

雪道でもアイスバーンでもかなりのグリップを発揮します。

価格も一台分1万円以下ぐらいで手ごろで軽くてコンパクトで収納性も抜群です。

乗り心地やノイズも優れていて非常に便利なのですが唯一の難点が耐久性が低いという所が気になります。

なかには使用1回でほつれや破れが出てきたという声もありました。

<メリット>

装着が1番簡単で短時間でできる

布製なので軽く、コンパクトに折りたためて収納場所を取らない

騒音も振動もほぼなく、乗り心地も気にならない

<デメリット>

摩耗しやすく寿命が短い

あくまでも緊急用で使用するもの

装着したまま車を停めていると地面に張りついて傷むため、こまめな取り外しが必要

チェーン規制エリアではチェーンと認められない

布製チェーンの性能は最近では非常に上がっており収納場所も取らないため、いざという時に大活躍します。

しかし、耐久性が無い為今回は★3個

使用頻度が極端に少ないけども緊急時に備えておきたい場合は購入を検討してみても良いかもしれません。

スプレータイプのチェーン

評価 :1/5。

こちらは最近話題のスプレータイプです。

樹脂原料などの液体をタイヤに吹きかけるものです。

急な降雪などの緊急時にあると役立ちますが、チェーン規制がかかっている場所での使用は出来ません。

用途としてはあくまでも緊急用の位置づけです。

<メリット>

スプレーするだけなので簡単

駆動輪以外のチェーンをしていないタイヤのスリップ予防などに使える

あくまでも予防・緊急時としてなら活躍の場がある

<デメリット>

効果の寿命が短い

コスパが悪く価格が高い

チェーン規制の道ではチェーンとして認められない

性能も不透明

僕の中ではスプレータイプのチェーンはあくまでも緊急用として常備しておく位置づけです。

個人的には使用するには1回で4本のタイヤに吹き付ける必要がありコスパが悪いと感じてしまいます。

FF車の場合は前輪にチェーンを装着するので後輪にはスプレータイプのチェーンを使用するという

使い方には非常に有効的ではないかと思います。

スタッドレスタイヤ 

評価 :4/5。

スタッドレスタイヤは雪道や氷の上(アイスバーン)でも走行できるように作られているタイヤの事です。

雪のない路面や高速道路、降雪路までその能力は疑うことなく万能です。

とくに圧雪路でその性能を発揮します。

チェーンと比べると価格は高いですが、その万能性に加え優れている点も多くあります。

<メリット>

万能型で雪が無い道でも走行可能

性能が高く1度つければ冬の期間は着脱の必要が無い。そのまま走行可能

高速道路などでスピードを出すことが出来る

乗り心地が良い

<デメリット>

価格が高い

タイヤ4本なので保管場所に困る

スタッドレスタイヤの性能は万能型なので雪国の地域の場合は重要度は★5の評価です。

しかし、年に数回しか雪の降らない地域や使用頻度の少ない場合はどうでしょうか?

その場合はコストパフォーマンスが気になるところです。

今回はチェーン比較なのと価格面などを考慮すると総合評価は★4です。

スタッドレスタイヤにもチェーンは必要?

基本的にはスタッドレスタイヤ、もしくはノーマルタイヤ+チェーンを装着していれば通常の積雪には対応が出来ます。

しかし大雪になると「全車両チェーン装着規制」と言ってスタッドレスタイヤを履いていても

チェーンを装着しなければいけない道路も出てきます。

この場合はスタッドレスタイヤ+チェーン又はノーマルタイヤ+チェーンで対応をしましょう。

「全車両チェーン装着規制以上」の雪が降る場合は、走行に支障があると判断され「通行止め」となります。

チェーンの装着動画を紹介

それでは実際にチェーンの装着方法をご紹介します。

布製チェーン

非金属チェーン

タイヤ保管サービスの紹介

オートバックスなどのカー用品販売店などではタイヤ保管サービスなども実施しています。

もしスタッドレスタイヤに興味を持ち購入したいけど保管場所などに困っている場合は

こういった保管サービスを利用すると良いでしょう。

まとめ

金属タイヤチェーン 

評価 :3/5。

非金属チェーン

評価 :5/5。

布製チェーン

評価 :3/5。

スプレータイプチェーン

評価 :1/5。

積雪が多い地域に住んでいたりスキーやスノーボードなどで雪道を走る機会が多かったりと、使用頻度が高い場合には、

性能の高い金属チェーンや装着が簡単な非金属チェーンを持っていると、安全性が高く使い勝手もいいです。

いざという時の予備として持っておく程度なら、予算内の価格で収納場所にも困らない布製チェーンや

スプレータイプも視野にいれると良いかもしれません。

いろいろなタイプがあるからこそ、実際に使用する状況を考慮して選ぶと良いお買い物ができますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

お問い合わせ

目次
閉じる